アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
ギターと私
ブログ紹介
クラシックギターを生涯の友として楽しんでいます


クラシックギターランキング

にほんブログ村 音楽ブログ クラシックギターへ
にほんブログ村

【有用情報】
ペトルッチ楽譜ライブラリー
F.ソル作品一覧
G.レゴンディ作品一覧
N.コスト作品一覧


J.ブロカ作品一覧
J.フェレール作品一覧
zoom RSS

ジュリオ・レゴンディの伝記

2018/02/12 16:37
ジュリオ・レゴンディは、本人の記憶のよると、1822年にスイスのジュネーブで生まれた。母親はドイツ人で、彼を生んで死亡した。父親はイタリア人であったが、父親ではないJoseph Regondiという謎の人物により育てられた。この義父は彼にギターの英才教育を行い、8歳までには神童としてヨーロッパ各地の宮廷で演奏を披露するまでになっていた。

画像


1830年には、パリでF.ソルやM.カルカッシが彼の演奏に接し、この神童の才能を認めて、曲を献呈している(SorのOp.46は翌年に出版)。

1831年5月にロンドンで公演を行い、そこでの演奏は、パリでの評判から寄せられた期待をはるかに上回るものであったという。その年から英国で活動し、最終的に英国に定住することになった。

1834年頃から新たに開発されたイングリッシュ・コンサーティーナ(アコーデオンのような楽器)に夢中になり始め、これが原因かどうか分からないが、育ての親のJosephと決別したという。

1840年代にヨーロッパ大陸への演奏旅行に2回出かけ、成功を収めたが、ほとんどは英国で演奏活動を行っていたようである。英国に定住したが、帰化せず、結婚もしなかったとのこと。

1872年5月6日に癌のために49歳の若さで亡くなった。

画像


ギターの曲は、Op.19〜23の5つが出版されていましたが、1989年に10の練習曲がソビエト連邦で発見され(Matanya Opheeが出版)、その後も2007年に新たなギター曲が発見されています。

ミステリアスな過去から、小説の主人公になりそうなキャラクターですね・・・

ちなみに、コンサーティーナの演奏者であったとのことから、爪は伸ばしていなかったと思われるとのことです。


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


高校音楽講座でギター

2018/02/06 09:23
ラジオの高校講座音楽Tで「ギター」が紹介されています。

以下で15分の放送を聞くことができます。

第38回  ギターは世界をめぐる 〜世界の音楽(5)〜
学習メモ(PDF)

第39回  クラシックギターを弾こう 〜楽しく演奏(4)〜
学習メモ(PDF)

他の講座もためになります。



記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


パソコンがおかしい!(続報)

2018/01/29 20:43
パソコンの画面が突然白黒になって困っていましたが、やっと原因がわかりました。

Delの技術者でも分からなかったのですが、答えは簡単でした。

ワードを使っているとき、よくカット&ペーストを使用しますが、Ctr+Cでコピーします。

このCtr+Cで、Ctrの隣にあるWindowsキーを一緒に押してしまうと、Ctr+Win+CがカラーフィルターのOn/Off切り替えになっているため、白黒になるみたいです。

カラーフィルターのオン/オフは、個人用設定→色→ハイコントラスト設定で「カラーフィルターを適用する」の切り替えで、これがCtr+Win+Cに割り当てられているためです。

最近は、ジュリオ・レゴンディにはまっています。Vol 1と2のCDを毎日繰り返し聞いていますが、飽きません。

レゴンディは、アコーデオンに似たコンサーティーナ (concertina)の名人でもあったようで、この楽器の曲も多く作曲しています。

アコーデオンでの演奏:Waltz I


コンサーティーナでの演奏:Hexameron No.1



記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ホセ・フェレール

2018/01/20 18:21
ホセ・フェレール(Jose Ferrer, 1835-1916)は、スペインのギタリスト・作曲家で、ホセ・ブロカの弟子です。女性の教え子のために書かれたやさしい曲を多く残しています。有名なのは「水神の踊り」や「4つのタンゴ」ですが、この4つのタンゴは、1番がOp.31-1、2番がop19-1、3番がop.50-3、4番がop.19-2です。

Wikipedia:英語

楽譜:IMSLPFREE SCORES COM

YouTube演奏例:
Op.8:Allegretto de Horas Apacibles
Op19.1/2:2つのタンゴ(Dos tangos)
Op.31:L'Etudiant de Salamanque, tango-valse
Op.35:水神の踊り(La Danse Des Naiades)
Op.36:夜の魅力(ノクターン)(CHARME DE LA NUIT)
Op.38:Pensees melodiques(4つの作品)よりSicilienne
Op.45:テルプチコア(ワルツ)(2台のギター)

Op.63:スペイン風セレナータ(Serenata Espanola Ferrer)
Ejercicio No.6
二つのワルツとメヌエット(Three fine pieces)

J.フェレール作品一覧:

Op.1:モンゴルの思い出(カプリーチョ)(Recuerdos de Montgri. Capricho, 1873) (dedicated to Jose Broca)
Op.2:私のリラからの苦情(ワルツ)(Quejas de mi lira. Vals, 1892)
Op.3:Beriot の主題による幻想変奏曲(Fantasia con variaciones sobre un tema de Beriot, 1877)
Op.4: 4つの斬新的小品(ワルツ、メヌエット、アンダンテ、アレグレット)(Cuatro piezas progresivas, 1885); Contains: 1. Vals; 2. Minue; 3. Andante; 4. Allegretto.
Op.5:花束(10の小品)(El ramillete. Diez pequenas piezas, 1885)
Op.6:パルナッソス山の風(4つの小品)(Brisas del Parnaso. Cuatro piezas, 1885)
Op.7:お守り(ワルツ)(El talisman. Vals, 1885)
Op.8:静かな時間(8つの簡単な小品)(Horas apacibles. Ocho piezas faciles, 1885)
Op.9:3つのワルツ(Tres valses, 1885)
Op.10:ポロネーズ(Polonesa, 1885)
Op.11:2つのノクターン(Dos nocturnos, 1888)
Op.12:12のメヌエット(Doce minues, 1888) (dedicated to Francisco Tarrega)
Op.13:幻想的エレジー(Elegia fantastica, 1888) (dedicated to the memory of Jose Broca)
Op.14:夜の湖にて(変奏付き幻想曲)(De noche en el lago. Fantasia con variaciones, 1888)
Op.15:変奏付き牧歌的ガリシア幻想曲(La gallegada Fantasia pastoril con variaciones (1892)
Op.16:パリの魅力(幻想的カプリッチョ)(Los encantos de Paris. Capricho fantastico, 1892)
Op.17:親密な夜(ギターのための4つの小品)(Veladas intimas. Cuatro piezas para guitarra, 1904)
Op.18:青年の印象(華麗なワルツ)(Impresiones juveniles. Vals brillante, 1904)
Op.19:2つのタンゴ(Dos tangos, 1904)
Op.20:愛の歌(演奏会用ワルツ)(Canto de amor. Vals de concierto, 1904)
Op.21:ヴェイユ・ドートンヌ(4つの簡単な小品)(Veillees d'automne. Quatre pieces faciles, 1893)
Op.22:エコー ・ デ ・ ラ ・ フォレ(メロディ ワルツ)(Echos de la foret. Melodie-valse, 1893)
Op.23:メランコリー(ノクターン)(2台のギターまたはフルートとギター)(Melancolie. Nocturne , for two guitars or flute and guitar, 1898)
Op.24:ベル(ガボット)(Belle. Gavotte, 1893)
Op.25:15の言葉なき恋歌によるお土産(Souvenir du 15 Aout Romance sans paroles, 1892)
Op.26:サイレンズ(ワルツ)(バンジョーとギター)(Les Sirenes. Valse , for banjo and guitar, 1892)
Op.27:Feuilles de Printemps, six pieces tres faciles.
Op.28r:Resignation, andante
Op.29:Tendresse Paternelle, melodie expressive.
Op.30:Recits Champetres, trois melodies.
Op.31:サラマンカの学生(スペイン風)(L'Etudiant de Salamanque. Pieces caracteristiques espagnoles, 1898)
Op.32:快適な家(3つの簡単な小品)(Agrements du foyer. Trois pieces faciles (1898)
Op.33:レス・スークル(演奏会用ワルツ)(Les Soupirs. Valse de concert, 1898)
Op.34:スペイン風セレナータ(2台のギター)(Serenade espagnole , for two guitars, 1898)
Op.35:水神の踊り(La Danse des Naiades, 1898)
Op.36:夜の魅力(ノクターン)(Charme de la nuit. Nocturne, 1898)
Op.37:スペインの微風(特徴的なワルツ)(Brise d'Espagne. Valse caracteristique, 1898)
Op.38:Pensees melodiques(4つの作品)(Pensees melodiques. Quatre pieces, 1898).
Contains: 1. Menuet; 2. Barcarolle; 3. Melodie expressive; 4. Sicilienne.
Op.39:ボレロ(ピアノとギター)(Bolero , for piano and guitar, 1895)
Op.40:アンティークのお土産(6つのメヌエット)(Souvenirs d'antan. Six menuets, 1898)
Op.41:ゲルベ・デ。フリュール(4つの簡単な曲)(Gerbe de fleurs. 4 pieces faciles, 1903).
Contains: 1. Cantilene espagnole; 2. Pavane; 3. Mazurka; 4. Berceuse.
Op.42:3つのメロディ(Trois Melodies, 1903).
Contains: 1. Plainte amoureuse; 2. Meditation; 3. Doux message.
Op.43:レーブ・デュ・ポエータ(メロディ)(Reve du poete. Melodie, 1903)
Op.44:ペンセーズ・デュ・ソワール(Pensees du soir, 1903)
Op.45:テルプチコア(ワルツ)(2台のギター)(Terpsichore. Valse for two guitars, 1903)
Op.46:独り言(ノクターン)(Soliloquio. Nocturno, 1906)
Op.47:ウラニア(ノクターン)(Urania. Nocturno, 1906)
Op.48:吟遊詩人の歌(カプリッチョ)(Canto del bardo. Capricho, 1906)
Op.49:メヌエット(Minue, 1906)
Op.50:4つの簡単な小品(Cuatro piezas faciles, 1912)
タンゴが含まれている
Op.51:水先案内人(メロディー)(El gondolero. Melodia, 1912)
Op.52:マスカリテ(マズルカ)(La mascarita. Mazurka, 1912)
Op.53:誠実(メロディ・ワルツ)(Sinceridad, melodia-vals)
Op.54:バルカロラ(Barcarola, 1912)
Op.55:伝言者(ワルツ)(El Mensajero, vals)
Op.56:メヌエット(Minue)
Op.57:焦燥(Inquietud)
Op.58:愛の溢れる手紙(Misiva afectuosa)
Op.59:バラード(Balada)
Op.60:アダージョ(Adagio)
Op.61:不在(アンダンテ・センチメンタル)(La Ausencia, andante sentimental)
Op.62:ブライダルマーチ(Marcha nupcial)
Op.63:スペイン風セレナータ(Serenata espanola)

作品番号なし
WoO.01: Mazurka para dos guitarras
WoO.02: Ejercicio para guitarra
WoO.03: Estudio para guitarra
WoO.04: Nostalgia para guitarra
WoO.05: El Amable para guitarra
WoO.06: Vals en mi menor para guitarra
WoO.07: Vals en la menor para guitarra
WoO.08: Melodia para guitarra
WoO.09: Vals original para dos guitarras
WoO.10: Minue para dos guitarras
WoO.tr1: La Calesera, cancion andaluza de S. Iradier para voz y guitarra
WoO.tr2: La Colasa, cancion madrilena de S. Iradier para voz y guitarra
WoO.tr3: El Jaque, cancion espanola de S. Iradier para voz y guitarra

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ホセ・ブロカ

2018/01/13 20:39
ホセ・ブロカ(Jose Broca, 1805-1882)は、スペインのギター演奏者・作曲家で、ギターは独学で、短期間ですがアグアド(1784-1849)の教えを受けたそうです。教育者としても優れ、教え子にはフェリーペ・ペドレル(Felipe Pedrell)やホセ・フェレール(Jose Ferrer)がいます。日本では「一輪の花」が有名ですが、他にも比較的やさしい素敵な曲が多くあります。

Wikipedia:英語カタロニア語

楽譜:IMSLP

YouTubeの演奏例
Op.2:カタルーニャの男(ワルツ)
Op.5:アンダンテ
Op.7:ファンタジア ハ長調(G:David Russell)
Op.8:一輪の花(マズルカ)(G:Edson Lopes)
Op.9:スペインの心(ファンタジア)(G:Tariq Harb)
Op.10:礼儀(スコティッシュ)(G:Edson Lopes)
Op.11: ファンタジア へ長調
Op.19:黄昏(3つのワルツ)(G:今野雅生) no.1no.2no.3
Op.21:アンダンテ・センチメンタル
Op.23:私のワルツ(G:Nellyka)

J.ブロカ作品一覧
Op.01:6つのワルツ(Sis valsos)
Op.02:カタルーニャの男(ワルツ)(El Catalan, vals)
Op.03:アレグレット(Allegretto)
Op.04:さようなら(アンダンティーノ)(Un Adeu, andantino)
Op.05:アンダンテ(Andante)
Op.06: El Ay(ワルツ)(El Ay, vals)
Op.07:ファンタジア ハ長調(Fantasia en do major)
Op.08:一輪の花(マズルカ)(Una Flor, masurca)
Op.09:スペインの心(ファンタジア)(Pensament espanyol, fantasia)
Op.10:礼儀(スコティッシュ)(El Cortesa, xotis)
Op.11:ファンタジア へ長調(Fantasia en sol major)
Op.12:スケーター(El Patinador, xotis)
Op.13:友情;変奏付きファンタジア(L'amistat, fantasia amb variacions)
Op.14:運命(ファンタジア)(El Desti, fantasia)
Op.15:悲しい思い出(アンダンテ)(Record trist, andante)
Op.16:エレガント(ワルツ)(L'Elegant, vals)
Op.17:疾走(ワルツ)(El rapid, vals)
Op.18:3つのやさしい曲(Tres peces facils)
Op.19:黄昏;3つのワルツ(Crepuscles, tres valsos)
Op.20:最後の歌(変奏付きファンタジア)El ultim Cant, fantasia amb variacions
Op.21:アンダンテ・センチメンタル(Andante Sentimental)
Op.22:ワルシャワ人(Varsoviana)
Op.23:私のワルツ(Vals en mi)

次の2つの楽譜はどの作品番号か不明
樹木(3つのワルツ);(Albores. Tres valses (1886)
少年の思い出(3つのワルツ)(Recuerdos juveniles. Tres valses (1886)


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ナポレオン・コスト

2018/01/12 13:30
ナポレオン・コスト(Napoleon Coste、1805-1883)は、フランスのギタリスト兼作曲家で、F.ソル(1778-1839)から指導を受けていたとのこと。7弦ギターを愛用していたため、楽譜には低音弦のDとEが混在しています。6弦ギターの場合、調弦をどうするか注意が必要です。

Wikipedia:英語フランス語
楽譜:IMSLPFREE SHEET MUSIC

注)Wikipedia(フランス語)で、四角に斜め矢印のアイコンをクリックするとPDF楽譜が入手できます。

有名な25の練習曲(Op.38)で、私が持っている音楽乃友社版では、曲順が原曲版と22番から1つずれています(原曲版22番のタランテラが25番へ、原曲版23番が22番・・・)。他にも曲順が違うものが出版されているみたいで、有名なNo.23のAllegro modeatoは、YouTibeでNo.22やNo.15となっている場合がありますので注意が必要です(ここで原曲版としているのはIMSLPからダウンロードできる版です)。

YouTubeでの演奏例
◆Op.12:演奏会用ロンド(G:小暮浩史)
◆Op.16:「ノルマ」の2つの主題による幻想曲(G:Andrew Zohn)
◆Op.23:オートゥイユの夜会(G:Dariya Panasevych)
◆Op.24:グランソロ(G:Ognjen Grcak)
◆Op.31: 劇的幻想曲「別れ」(G:Aniello Desiderio)
◆Op.38:25の練習曲から
 No.14(G:Nicola Montella)
 No.23(G:Miguel Llobet)早回しではありません!
◆Op.46:ワルツ・ファボリート(G:今野雅生)
◆Op.47:リゾンの泉(G:Luca Villani)

ナポレオン・コストの作品一覧[Wikipedia(フランス語)に準拠]
Op.1: 紛失
Op.2: J.ヴァイグルの歌劇「スイス人の一家」の主題による変奏曲と終曲 (Variations et Finale...sur un motif favori de la Famille Suisse de Weigl)
Op.3: 2つのコントルダンスのカドリーユ (2 Quadrilles de Contredances)
Op.4:「アルミード ボール」の主題による幻想曲 (Fantasie...Composee sur un motif du Balle d'Armide)
Op.5: フランドルの想い出 (Souvenirs de Flandres)
Op.6: 演奏会用幻想曲 (Fantaisie de Concert)
Op.7: ヨハン・シュトラウスの16のお気に入りのワルツ (16 Valses Favorites de Johann Strauss)
Op.8: 紛失
Op.9:「ランメルモールのルチア」のディヴェルティメント (Divertissement sur Lucia di Lamermoor)
Op.10: スケルツォと牧歌的で華麗なワルツ(二重奏)(Scherzo et pastoral, valses brillantes)
Op.11: グランド・カプリス (Grand Caprice)
Op.12: 演奏会用ロンド (Rondeau de Concert)
Op.13:「ラ・カチューシャ」のカプリス (Caprice sur … La Cachucha)
Op.14: 第二ポロネーズ (Deuxieme Polonaise)
Op.15: 騎士トーナメント幻想曲 (Le Tournoi Fantaisie Chevaleresque)
Op.16:「ノルマ」の2つの主題による幻想曲 (Fantaisie sur deux Motifs de la Norma)
Op.17: オルナンの谷 (La Vallee d'Ornans)
Op.18: ラインの岸辺 (Les Bords du Rhin)
Op.19: デルフツィル (Delfzil)
Op.19b: ラ・ロマネスカ (La Romanesca)
Op.20: ヅィデルジー (Le Zuyderzee)
Op.21: 鐘 (Les Cloches)
Op.22: ムーラン (Meulan)
Op.23: オートゥイユの夜会 (Les soirees d'Auteuil)
Op.24: グランソロ (Grand Solo)
Op.25: 慰め;オーボエとピアノのためのロマンス、ギター伴奏付きあり) (Consolazione, romance pour hautbois et piano [existe avec accompagnement de guitare])
Op.26: 行進曲トリオンファルとトリオ (Marche triomphale et Trio)
Op.27: アルプスの道 (Le Passage des Alpes)
Op.28b: 交響幻想曲 (Fantaisie Symphonique)
Op.28c: ディヴェルティメント (Divertissement)
Op.29: 妖精の狩猟 (La Chasse des Sylphes)
Op.30: グランド・セレナード (Grande Serenade)
Op.31: 劇的幻想曲「別れ」 (Le Depart, fantaisie dramatique)
Op.32: 紛失
Op.33a: マズルカ (Mazurka)
Op.33b: オーボエとギターのためのマーチとスケルツォ (Marche et scherzo pour hautbois et guitare)
Op.34a: 登山者; オーボエとギター (またはピアノ) のための牧歌的ディヴェルティメント (Le montagnard, divertissement pastoral pour hautbois et guitare [ou piano])
Op.34b: 2本のオーボエとピアノのための幻想ソナタ (Fantaisie sonate pour 2 hautbois et piano)
Op.35: 2本のオーボエとピアノのための演奏会用幻想曲 (Fantaisie de concert pour 2 hautbois et piano)
Op.36: オーボエとギターのための後悔のカンティレーナ (Les regrets cantilene pour hautbois et guitare)
Op.37: オーボエとピアノのためのカヴァティーナ (Cavatine pour hautbois et piano)
Op.38: 25の練習曲 (25 Etudes de genre)
Op.39: アンダンテとメヌエット (Andante et Minuet)
Op.40:「アルプスの道」の一部 (fait partie du Passage des Alpes)
Op.41: 秋の木の葉 (Feuilles d'Automne)
Op.42: 5月のロンド (La Ronde de Mai)
Op.43: 葬送行進曲とロンド (Marche Funebre et Rondeau)
Op.44: アンダンテとポロネーズ (Andante et Polonaise)
Op.45: さまよい (Divagation)
Op.46: お気に入りのワルツ (Valse Favorite)
Op.47: リゾンの泉 (La Source du Lyson)
Op.48: 4つの行進曲 (Quatre Marches)
Op.49: 6つの前奏曲 (Six Preludes)
Op.50: アダージョとディヴェルティメント (Adagio et Divertissements)
Op.51: ギタリストの余暇 (Recreation du Guitariste)
Op.52: ギタリストの黄金本 (Le Livre d'or du Guitariste)
Op.53: 6つの独創的小品 (Six Pieces Originales);夢想 (Reverie)、ロンド (Rondeau)、2つのメヌエット (2 Menuets)、スケルツォ (Scherzo)、エチュード (Etude)

作品番号なし
W01: アンダンテとアレグロ (Andante et Allegro)
W02: ロッシーニの主題による序奏と変奏曲 (Introduction et Variations sur un motif de Rossini)
W03: 2つのカドリーユ(Op.3に酷似) (2 quadrilles [tres proche de l'Op.3]
W04: ばらのワルツ (Valse des roses d'Olivier Metra)
W05: 夜の瞑想 (Meditation de nuit)
W06: 小品(Kleines Tonstuck)
W07: ニ長調のワルツ (Valse en re majeur)
W08: 子守唄 (Berceuse)
W09: パストラル (Pastorale)
W10: イ長調のワルツ (Valse en la majeur)
W11: 練習曲;メソッドからノクターンと練習曲 (Etudes, nocturne et exercices extraits de la methode)
W12: ギター二重奏曲 (Duetto pour 2 guitares et dans deux autres copies n°1 - n°2)
W13: 演奏会用ギターグランド二重奏曲 (Grand duo pour deux guitares egales et concertantes)
W14: 声楽とピアノのためのローラのメロディー (Lolla melodie pour voix et piano)
W15: 声楽とピアノのための揺りかごの子 (L'enfant au berceau pour voix et piano)
W16: 声楽とピアノのための小さなピンクの天使の子守歌 (Le petit ange rose Berceuse pour voix et piano)
W17: 2本のオーボエのためのカプリス (Caprice pour deux hautbois)
W18: オーボエのためのコンチェルティーノ (Concertino pour hautbois)
W19: オーボエ (またはヴァイオリン) とピアノ (またはギター)のためのソナタと別のコピー (Sonate pour hautbois (ou violon) et piano (ou guitare) et dans une autre copie)

その他:
ギター教本(2つの版がある)(Methode pour la guitare en deux editions)[F.Sorとの共書]

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ドリュー・ヘンダーソン

2018/01/11 09:39
前回のレゴンディのノクターン「夢」で素敵なトレモロを聞かせてくれたドリュー・ヘンダーソン(Drew Henderson)について、顔がどこか映画スターに似ているような気がして、調べてみました。

ホームページ(英語)

現在はカナダのToronto School for Strings and Pianoでギター教師を務めているそうです。CDは1枚のみで、デュオ(Henderson-Kolk Duo)が2枚出ているようで、めずらしい8弦ギターを使用しています。来日して演奏した記録はないようですが、実際に生で聞きたい演奏家です。

レゴンディ〜序奏とカプリースOp.23


YouTubeから
ロドリーゴ〜ファンダンゴ
バッハ〜アレグロ(BWV 1003)
バッハ〜プレリュード(BWV 1006)
バッハ〜 アレグロアッサイ(BWV 1005)
ワイス〜ファンタジア
アグアド〜序奏とロンドNo.2
チマローザ〜ソナタBマイナー
タレガ〜アラビア奇想曲
バリオス〜大聖堂(Allegro Solemne)
バリオス〜最後のトレモロ(神様のお慈悲に免じてお恵みを)
パガニーニ〜24のカプリチオから第2番
パガニーニ〜24のカプリチオから第6番
パガニーニ〜グランドソナタ
レニャーニ〜カプリチオ第26番


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

ギター小品



足台(アルミ製)


幅広譜面台


ギター専用チューナー


ギターケース
ギターと私/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる